そのいぼ簡単に治療できます

目立っているいぼは治療しよう|種類を知っておこう

体にできるできものの種類

ナース

種類に応じた適切な対処

今体のどこかにいぼができているならば、そのまま放置せずに明日にでも最寄りの皮膚科を受診するようにしましょう。それというのもいぼはウィルスによってできる種類のものが数多く存在しており、それらは放置しても市販薬を塗布しても治りません。医師による適切な診断と、長期にわたる薬の塗布、そして場合にとって手術を必要とするのです。いぼは外側に出っ張るタイプと内側にめり込むタイプが存在していますが、外側に出ている場合は医者にはさみで切ってもらうことも可能となっています。一見乱暴に感じますが効果は即効性で素人目にも分かりやすく、あっという間にいぼ治療は完了することでしょう。問題はそういったわかりやすい治療ができないウィルス性のものや、体の内側に進む対応のものです。これらは手術してもすぐに良くなることも少なく、長期的に治療を実施していかなくてはいけない難しい疾患となっています。指や手にできるウィルス性のものは破けると周囲に飛散してしまい、身近な人にいぼの原因であるウィルスをまき散らしてしまうこともあるのです。そういった周囲への影響も鑑みると、すぐに皮膚科を受診するというのは自分だけでなく周囲の人のためにもなることであるといえます。基本的にいぼの治療は保険が適用されるものであり、お金がかかってしまうのではないかと不安になる必要はないといえるでしょう。市販薬で十分だと考える人が多く、実際にワセリンなどで治療を行っている人は多いですがそれはかかる費用と適切な治療の両面でお勧めできません。それというのも市販薬は皮膚科で処方される保険適用の薬よりもかなり割高になっており、長期的に使い続けると医者に行くよりも多くの費用が掛かってしまうからです。これは多くの人に誤解されている事実なのですが、医者に処方される薬は効果と費用の両面で市販薬をうわ待っています。なのでちょっとしたできものであっても速やかに皮膚科を訪れるようにしたほうが、結局は安く治療を行うことができるのです。治療にかかる時間も大幅に短縮できるので、市販薬を慌てて買いこむようなことはしないようにしましょう。具体的に病院でどんな手術を行うのかというと、ほとんどの場合は液体窒素で固めて除去することになります。これは痛みは残りますが最も確実で人気のある治療方法となっており、保険が適用されるので意外なほどに安く手術が可能です。処方される医薬品も傷口の消毒と絆創膏となっているので、普通のけがと同じ感覚で問題ありません。レーザーを使った手術もありますがこれは保険が適用されないので、液体窒素よりもかなりコストがかさみます。それだけに効果は抜群となっており、液体窒素よりも痛みが少なく、一回の手術ですぐに治ってしまうのです。もう一つは麻酔を使って電気メスで切除するというもので、これは保険が適用されますがあまり行うことはない治療方法といえます。これらの手術が不要と判断された場合は内服薬を使うことになり、その場合は皮膚に良い栄養を豊富に含んだ野菜などを食べながら過ごすことになるでしょう。いぼは種類が多く、素人に判断できるものではないので皮膚科を受診し、適切な対処をしてもらうことはとても大切なことです。

笑顔に自信が持てます

カウンセリング

いぼ除去の治療を受けた後、気を付けたいのが最低1週間はテープを貼り続ける事に加え、シミが出来ないか気を配るという点です。シミが出来た場合、医師に相談すると軟膏やクリームを処方して下さいますので、用法・用量を守り正しくケアして下さい。

実はそれ感染症です

女の人

体調の劇的な変化を伴わない感染症がいぼです。いぼの原因がウィルスであると知っている人はどの位いるでしょうか。液体窒素にレーザー治療、内服薬と様々な治療法があるので自分に合った方法を見つける事が解決の第一歩になります。

選ぶ際の基準にする事

看護師

皮膚科でいぼの治療をしてもらう事になりますが、どこに足を運ぶか決める際に重要になるのがとってくれる際の方法です。窒素を使いとってくれる場合もありますし、最新の方法のレーザーでとってくれる場合もあり、費用も異なるので覚えておきましょう。