医師

目立っているいぼは治療しよう|種類を知っておこう

  1. ホーム
  2. 笑顔に自信が持てます

笑顔に自信が持てます

カウンセリング

早めに施術を受けましょう

美容外科クリニックで、いぼ除去の治療を受ける女性の数が急増しています。大半の女性が、美しく見られる事に対して非常に強い興味・関心を抱いているものです。他人からどう見られているのかを、心の奥底で常に意識しながら、日々の生活を送っています。いぼには様々な種類があるものの、いずれも審美性に欠けるのは言うまでもありません。一般的な皮膚科とは違って、治療した後に傷跡が殆ど目立たないという特徴があります。仕上がりの美しさから、美容外科クリニックでの治療を選択する方が増えているのです。殆どのいぼは、表皮層のウィルスが増殖して出来るものだと考えられています。増殖したウィルスは、根こそぎ取り除く事で再発する可能性が極端なまでに低くなるのです。多くの美容外科では、炭酸ガスレーザーを使った治療を行っています。施術が行われる前に、局所麻酔を打たなければなりません。ですが液体窒素を使った治療法に比べると、通院する回数が少ないというメリットがあります。皮膚の浅い部分に出来ているいぼは、麻酔シールを使って治療を行う為局所麻酔を打つ必要はありません。いぼそのものの数、深さによって治療法は異なりますから、美容外科クリニックに在籍している専門医へご相談下さい。実際に美容外科クリニックで、施術を受けた後気を付けて頂きたい点が2点あります。まず1つ目が、テープを貼り続けるという点です。治療した箇所が乾かないよう、茶色のテープを貼りつけます。かつては傷を乾かし、かさぶたの状態にした方が治りやすいのではないかと考えられていた時代もありました。ところが近年、湿らせた方がより目立たなくなるという研究結果が発表されたのです。その結果、傷跡をより目立たなくする為にウエットドレッシングという方法が確立されました。最低でも1週間は、テープを貼り続けて下さい。2つ目が、可能性は極端なまでにに低いものの、シミが出来てしまう可能性があるという点です。シミといっても薄っすらと出来るもので、極端なまでに目立つものではありません。シミに気付いた場合、なるだけ早めに施術を受けた美容外科クリニックへ相談しましょう。専用の軟膏、クリームを塗る事で症状の改善を目指す事が出来ます。皮膚の上皮化が進むにつれ、赤みが出てしまうかもしれません。赤みは紫外線に対する感受性が高い為、それを徹底的に防ぐ必要があります。紫外線カットを心掛けるだけではなく、医師に相談すると軟膏を処方して貰えますのでしっかりケアするようにして下さい。炭酸ガスレーザーでの治療が行われた後、基本的には普通の日常生活を送る事が出来ます。シャワーを浴びる事も出来ますので、普段の生活に支障が出る恐れは殆どありません。患部に近い場所、また体そのものを清潔な状態に保ち続けたほうが、より早く綺麗に治る場合もあります。どの美容外科クリニックを選べば良いのか、迷った際は医師のキャリア(経歴)を確認して下さい。どれだけいぼ除去の治療を行ってきたのか、経歴や実績によって仕上がりに差が出るからです。各美容外科クリニックでは、事前にカウンセリングを行っています。カウンセリングを担当するのは、実際に施術を行う医師という美容外科クリニックが殆どです。公式ホームページ等で確認し、不明な点があれば直接事前カウンセリングで、積極的に医師へ質問して下さい。